土地活用としてロードサイド店舗経営を行う時に注意するべきこと

ロードサイド店舗経営を行う時に注意してもらいたいことも中には有ります。この形の土地活用というのは誰でもできるというわけではなく、かなり限られたエリアの土地でしかできないということがあります。

そのため、リスクとリターンのバランスをしっかりと検討してもらいたいです。ここでは主に注意点やリスクということについて言及していきます。

紙幣と契約書と家の模型とペン

住居系に比べて税金の優遇が少ない

土地というのは保有しているだけでも税金がかかります。そのため、更地のままにしておくのでは税金が余計にかかるということもあり、何らかの土地活用を図ろうとするわけです。

ロードサイド店舗経営の場合はマンションなどの住居系の土地活用に比べて、税制上の節税効果が薄いです。それにどちらかと言うと評価額が高くなる傾向にありますので、税金面についても必ず考慮に入れるようにしましょう。

テナントの経営状況に左右される

ロードサイド店舗経営を行ってから、競合店が出店するということになったら、テナントの売り上げが落ちるというようなことも可能性としてはあります。

テナントからの収入が減ることによって収益率が下がるということもあり得るでしょう。

地元の商店街に対しての配慮が必要

近くに地元の商店街がある場合には様々な面で配慮することが求められます。将来的にもめごとにまで発展することになったら困りますので、双方の経営面への影響や人間関係などに配慮することが重要です。

出店後にも注意しないといけないことがある

地元の商店街に対しての配慮と税金の優遇が少ないことについては出店前に考えていかないといけないことですが、テナントの経営状況というのは出店後に注意しなければいけないことになります。