土地活用を考える時にロードサイド店舗経営に向いている人は

ロードサイド店舗運営はどうしても場所を選ばざるを得ないために、誰でもできるかと言うとそういうわけでもありません。しかし、これから紹介をする人については向いていますので、そういう人については積極的に土地活用の方法として取り組んでみてもいいのではないでしょうか。

賃貸契約書

何よりも収益性を確保したい人

ロードサイド店舗運営を行う上で最大のメリットとなるのは、収益性の高さになります。土地活用を考える時に多少リスクを取ってもいいですから、収益性を最も重視したいという人に取っては向いている土地活用の方法ではないでしょうか。

ロードサイド店舗運営は地域の利便性の向上や雇用創出にも役に立つような土地活用の方法です。

幹線道路沿いに土地を持っている人

幹線道路沿いの土地ということになると、アパートやマンション経営のような土地活用の方法では、入居者から敬遠される傾向があります。

しかし、店舗運営であれば交通量が多いところのほうが向いていますので、そういうところに土地を持っている人は真っ先に検討してみるといいのではないでしょうか。

人通りの多い道路に接道した土地を持っている人

駅前や商業エリアなどのにぎやかな道路に面したところに土地を持っているのであれば、商業系と住居系両方とも検討する余地があります。

商業系のみを建築してもいいでしょうし、1階は商業施設、2階以上は賃貸住宅というような活用方法も考えられます。

収益性を真っ先に考える人と人通りが多いところに土地がある人は向いている

ロードサイド店舗運営は基本的に商業施設を入れるわけですから、何よりも収益性を確保したい人は向いています。商業施設は幹線道路沿いや人通りが激しい所にあったほうがいいですので、そういうところに土地があれば向いているでしょう。