土地活用としてロードサイド店舗経営を考える時の流れ

ロードサイド店舗経営ができるかどうかというのは、下記の流れに従ってチェックしていけば誰でも行うことができるでしょう。

最終的には業者にマーケティングや提案をしてもらうために、自分でまかせるのは面倒だという場合には、すべて丸投げしてもいいのですが、後で後悔することにもなりかねませんので、自分たちでもしっかりと確認することをお勧めします。

電卓を使って作業をする不動産業者

法律的に建築可能かどうかを確認する

土地は法律や行政指導等によって様々な規制を受けることになるために、自分の土地であればどんな建物でも建設できると言うわけではありません。

引用※土地活用 http://www.kenyonpowerboats.com/

ロードサイド店舗経営を行いたいのであれば、そもそもの話法律的に店舗建築が可能なのかということと、可能だとしてもどういう用途なら可能なのかということを確認していきます。

その際に重要になっていくのが都市計画法です。自分の土地がどのような地域に属しており、どんな建築が可能なのかというのを、役所の都市計画課で聞いてみるといいでしょう。

法律的に建築可能な建物規模を確認する

現在所有している土地で法律的に建築可能な建物規模を調べてみます。調べるのは役所の建築課で所有地の指定容積率を尋ねれば、土地面積に指定容積率をかけることによって、どのくらいならば建設可能なのかということを計算してもらえます。

つづいて、所有地の条件やニーズに基づいてどの店舗が適しているのかというのを決めていきます。

根本的にロードサイド店舗経営ができるかどうかを確認する

土地活用としてロードサイド店舗経営を行いたいのであれば、上記をチェックしていく必要が出てきます。法律的に建設可能なのかということと、建設可能であればどのくらいの規模まで可能なのかということを確認していきます。

土地活用としてロードサイド店舗経営を行う際、業者に相談提案してもらう方法

ロードサイド店舗経営を土地活用として行う際、なかなか自分たちだけで建築などを行うというのは難しいです。そのため土地活用の具体的な方法を業者に相談して提案してもらうという方法が一般的になっています。

今回は業者に相談し提案してもらう方法についていくつか方法を挙げますので、ぜひとも参考にしてみてください。

直接店舗運営事業者に問い合わせる

自分の土地でどのような店舗経営ができるのかということが分かれば、あとは自分が好きな店舗運営事業者に問い合わせることが可能です。

ただし、すべて自分でやり取りをしていくために手間がかかります。

不動産業者から紹介してもらう

一番イメージしやすい方法というのが不動産業者から紹介してもらうことでしょう。不動産業者にもいろいろな業者がいますので、土地活用に強い業者を選ぶようにしてください。

ただし、仲介手数料がかかる可能性もありますので注意します。

とある団地の景観

金融機関などから紹介してもらう

土地活用に検討を行う際に金融機関から紹介をしてもらうと、資金調達や税金についての相談ができるだけでなく、店舗業者の紹介までしてくれるところもあります。

しかし、不動産や建築の知識は理解していない可能性があります。

建築会社やディベロッパーなど土地活用の専門家に問い合わせる

建築会社がディベロッパーなどの中には土地活用の専門家も多いです。そのため、一番話が早くて一番楽な方法ではないでしょうか。

できる事なら、複数の業者から提案をもらって比較したほうがいいでしょう。

どの方法にもメリット・デメリットが存在する

以上4つの方法について紹介してきましたが、どの方法においてもメリットがある一方で、デメリットもあります。自分たちのニーズを満たしてくれる業者に提案をしてもらったほうがいいでしょう。